Jマテ.ホールディングス株式会社

SDGs
Sustainable Development Goals

SDGsの取り組み

Jマテ.グループは「持続可能な社会の実現」を企業理念に掲げ、創業から70年以上ずっと、資源のリサイクルを通じて持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。

Jマテ.グループ企業理念

Mission(使命)

循環型社会の責任ある担い手として、限られた資源の有効活用を通じ、持続可能な社会の実現に貢献します。

Jマテ.グループとSDGsの関わり

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

従業員の健康的なワークライフを実現し、「働きやすい」会社へ

・年間休日120日(2024年度)、入社初年度から20日間の有給休暇など、健康的でメリハリのあるワークライフを実現します。
・育児休業・育児短時間勤務制度、介護休業・介護短時間勤務制度があり、女性だけでなく男性の育児休暇取得者も増えています。
・社内のデジタル化を推進し、対応が可能な職場では在宅勤務制度も導入しています。
・資格・免許取得や技能検定、通信教育などの教育訓練は会社が受講費用を負担し、キャリアアップを支援しています。
・障害者の雇用や障害者福祉施設の就業訓練を受け入れ、職業的自立を支援しています。

環境への負荷が少ない循環型社会の形成に貢献

・Jマテ.カッパープロダクツ、上越マテリアルはISO 14001(環境)を取得。資源のリサイクルと適正処分の推進に取り組み、環境への負荷が少ない循環型社会の形成に努めています。
・Jマテ.カッパープロダクツ、上越マテリアル、Jマテ.バイオマス循環は、廃棄物処理の一連の工程をグループ会社で事業化し再資源化を促しているとして、新潟県環境会議の「令和2年度優良リサイクル事業所表彰」を受賞しました。
・上越マテリアルは、地域経済の中心的な担い手として経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定されています。
・Jマテ.カッパープロダクツは、上越マテリアルが回収した銅などの金属を溶解・鋳造して再資源化し、上水道関連部品や産業機械部品を製造しています。上水道関連部品では国内トップシェアを誇り、鉛などの有害物質を含まず環境にやさしい新素材も開発しています。
・上越マテリアルが回収した金属・紙等の廃棄物は、破砕選別処理した後に製鋼・製紙メーカーに納入し、リサイクル資源として再利用されています。
・小中学生などの社会科見学を積極的に受け入れ、地域の環境意識の向上や啓蒙活動にも努めています。

再生可能エネルギーの活用と住みよいまちづくり

・Jマテ.バイオマス循環は上越市の家庭から出される生ごみを全量受け入れ、発酵処理によりメタンガスを回収し、工場設備の燃料として再利用するほか、バイオガス発電も行っています。残渣からは有機肥料を製造しています
・Jマテ.カッパープロダクツ、上越マテリアル、Jマテ.ランドコム(White Wave)では消費電力の少ないLED照明や太陽光発電などを導入しています。
・Jマテ.ランドコムは、上越市の土地区画整理事業や優良建築物等整備事業を手掛け、住みよいまちづくりに貢献しています。



PAGE TOP